なんと!!!

取材していただきました!!!

なんのご縁か。
ご縁がご縁を呼んで、有り難いことに「OTONAMIE」様の記者nanachiro様に取材していただきました。
ご多忙の中ありがとうございました。感謝してもしきれませんこの感謝の気持ちはどうすれば良いのか。もうnanachiroさんに足を向けて寝られませんね。今まで、ひょうきんなカメラオタクのお料理お姉さんだと思っていましたすみません。またお会いした際には、この感謝の気持ちを伝えさせていただきたいと思います。
本当にありがとうございました。

OTONAMIE様HP  → http://otonamie.jp/

nanachiro記者  → http://otonamie.jp/?author=50

AKIGEN記事   → http://otonamie.jp/?p=49834


OTONAMIE様のミッションに「三重を日本の三番目に行ってみたいエリアにする」とあります。
面白いですね。一番目でも二番目でもなく、三番目なんですね。きっとなにか深い意味がおありのはずです。きっと・・・。

そんなOTONAMIE様の記事はバラエティに富んでいて、どんな方でも興味や関心のある記事をみつけられます。

なぜか?

それは記者様が多いからでしょう!
記事のカテゴリーもたくさんあります!しかも三重県の情報なので地元の方たちに愛されているのも納得です!
「食」に「遊び」に「観光」にと三重県のあらゆる情報が、結構コアな情報もたくさんあります!

ワタクシ個人的には、「おてらおやつクラブ」様の活動の記事に、これからの日本の大人のあり方を考えさせられました。
こちらの記事では、本来のお寺のあり方にも触れられています。
「本来、地域での暮らしの中で人が集い、繋がり、ご縁や仏法で孤独という苦から逃れる場であったお寺という存在。経済だけじゃない価値観が求められる現代。
今、本来あったお寺のそのような役割が求められている気がする。」とあります。

お寺ではありませんが、我々AKIGENとしても、使い道に困っている空き家を利活用させていただき、地域の子どもが気軽に集まれたり、お年寄りの方が気軽に集まれて、現代では希薄になってきている地域の繋がりを通じて、
「孤独じゃないんだよ。みんな居るよ。あなたを気にかけているよ。」 そんな温かい地域の繋がりを作るお手伝いがしたいです。

そんな素敵な記事もOTONAMIE様で読めます!

voice. 日本で子どもが餓死。立ち上がった住職と未来をつくる住職@善西寺 → http://otonamie.jp/?p=49381