天井に茶色っぽいシミが出来ていたらもしかしたら…。

個人でハクビシン対策を行うことは十分可能

 ハクビシンは鳥獣保護法によって人、勝手に家庭内で捕獲、駆除等の行為は禁止されています。ですので、まずは侵入されない対策が必要となります。家庭内でハクビシンの侵入を防ぐ対策は十分に可能です。

ハクビシンの侵入を防ぐためには、

・侵入経路を探して塞ぐ
・登れる足場を作らない
・食べ物、生ごみを放置しない
・壁や換気口などに大きな穴がある場合は塞ぐ(6cmあれば侵入する)
・屋根裏の隙間を埋める
・足場となる庭木などにネコ避けをつける
・雨どいにネコ避けをつける(ハクビシンは垂直に雨どいを登れる)
・ニオイの出る忌避剤を置く(ニンニクや石油系、狼の尿のニオイも苦手です)
・家周辺に身を隠せる草木を置かない(警戒心が強い為)
・長い草木を刈り取ったり、落ち葉をマメに掃除し、家までつたってこれそうな枝等も切っておく
・市販の対策グッズを使う

等です。

一番の対策は「侵入させない」こと

いろいろと対策はありますが、一番の対策はやはり「侵入させない」ことですハクビシンは糖度の高い作物、特に果物を好むので、果物を放置するのは危険です。農作物を育てているとついつい放置してしまいがちですが、その作物はハクビシンを寄せ付けてしまっているかもしれません。逆にニオイで寄って来るということは、ニオイで遠ざけることも出来ます。
ハクビシンはニンニクや石油、狼の尿のニオイが苦手なのでこういったものを活用すると良いでしょう。

この他にも、少しの隙間(約6cm)があった場合にも侵入されてしまうので、市販の発砲ウレタンスプレーを使って隙間を埋めるだけでも効果は期待できるしょう。

最近天井から音がする。なんか臭う」など、少しでも違和感があったら
すぐに天井裏を確認する等の日々のチョットした事で早期発見、対処へスムーズに移行できるでしょう。