クルーズ船は、地方創生に寄与するとされています。

2017年訪日クルーズ旅客数過去最高をマーク

国土交通省が2017年~1月~12月における訪日クルーズ旅客数の調査結果を発表しました。

 クルーズ船で入国した外国人旅行客数は前年比27.2%増の253万3000人、クルーズ船の総寄港回数は37.1%増の2765回と、共に大幅増加し、最高記録を更新しました。

 クルーズ船は、寄港地を中心に一度に多くの観光客が訪れ、ショッピングや食事など地域での消費が生まれ、地方創生に寄与するとされています。

 国土交通省は「訪日クルーズ旅客を2020年に500万人」の実現に向け、今後も引き続きクルーズ復興に取り組む姿勢です。

ちなみに、四日市港にも今年初めての外国客船が寄港することになりました。イタリアと米国の会社がそれぞれ運行する2隻が計6回入港します。これは、観光復興に向けた客船誘致を進めた結果実現しました。