狂犬病とは

狂犬病はウイルスによって感染する病気です。
発症した動物の唾液中に多く含まれており、主にかまれることにより感染します。
一度発症してしまうと、今現在有効な治療法がない大変怖い感染症です。

日本では昭和31年以降は狂犬病は発生していません。
ただし、日本から一歩出れば、世界的には現在でも狂犬病の発生のない国はほんのわずかで、
各国共通の問題でもあります。
世界的には年間5万人ほどの死者を出しています。

狂犬病は全ての哺乳類に感染します。
どんな動物が感染しても100%死亡しますが、人に感染した場合はワクチンを連続して接種すれことにより発症を防ぐことができます。

日本では狂犬病の予防注射をすることが「狂犬病予防法」により義務付けられています。
予防接種の義務を意図して怠った場合は、第5条により20万円以下の罰金に処せられます。