配偶者控除の拡大

 
 2017年税制改正により「配偶者控除」の見直しがありました。
これにより2018年からは制度が大幅に変わります。

◎配偶者控除とは・・・
世帯主に所得税法における控除対象配偶者がいる場合または配偶者の所得が一定要件以下の場合に、世帯主の所得から一定額を控除できる税制優遇制度のことです。
これと似た制度に扶養控除がありますが、これは対象者が配偶者以外の親族の場合に適用される制度なので、間違えないように注意しましょう。

これまでの配偶者控除は、配偶者の年収が「103万円以下」だと、世帯主の所得から38万円が控除されていました。
これが、2018年からは配偶者の年収が「150万円以下」だと、世帯主の所得から38万円が控除されるようになります。
この47万円はかなり大幅な拡大だと感じます。

多くの方はこの配偶者控除を考える際に、その上限を超えたら控除を受けられないと考えているかもしれませんが、2018年以降は、年収150万円を超えたからといって、配偶者控除がいきなり0円になるわけではありません。
配偶者控除額は年収が上がるにつれてだんだん低くなり、年収201万円を超えると0円になるというシステムです。。。