食品添加物

食品添加物とは・・・

保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるものです。
厚生労働省は、食品添加物の安全性について食品安全委員会に評価を受け、人の健康を損なうおそれのない場合に限って、成分の規格や、使用の基準を定めたうえで、使用を認めています。
また、使用が認められた食品添加物についても、国民一人当たりの摂取量を調査するなどして、安全の確保に努めています。

原則として、食品衛生法代10条に基づいて、厚生労働大臣の指定を受けた添加物(指定添加物)だけを使用することができます。
この指定添加物以外で添加物として使用できるのは、既存添加物、天然香料、一般飲食物添加物のみです。

海外では使用禁止となっている添加物が、わが国にっぽんでは普通に使われています。どういうことなのでしょう。
日本の食品衛生委員会が緩いのか、海外の検査が厳しすぎるのか。