米Amazon、シアトルでAIコンビニ開業

 米アマゾンは2018年1月22日に、シアトルでレジを置かない食料品店「Amazon Go」の1号店をオープンしました。
支払いのためにレジに並ぶ必要が無く、買い物の時間を短縮できます。店舗の広さは日本のコンビにと同程度。

 アマゾンGOは、専用アプリを起動させたスマートフォンのQRコードをかざして自動改札のような入り口から入店。店内のそこかしこに付けられているセンサーやカメラが、お客さんが取った商品を把握し、アマゾンの通販サイトに登録したクレジットカードで自動的に支払いを済ませます。お客さんが店を出ると、スマホにレシートが送られてきます。

一緒に来店した家族や友人が手に取った商品も把握し、一度手に取った商品を棚に戻すなどしてもセンサーが間知してくれます。

設置されているカメラの数は130台以上はあるとみられます。2016年12月から従業員を対象に時間を掛けて実験を重ねていました。