友人の「ゲストハウスがしたい」がきっかけ。

以前、友人に「ゲストハウスができる、古民家の空き家探しを手伝ってほしい」と声をかけられました。

数ヶ月間空き家を探し回りました。その際に「こんなに身近にたくさん空き家があるのか」と驚いたものです。 「これだけの空き家をそのままにしておくのはもったいない。何かに活用できないか?」と考えていました。 そんな最中に出会った空き家のオーナーさん方からこんな声をお聞きしました。 「今は他県に家があり、実家は空き家となってしまっていて管理ができていない。困っている。」 また、とある空き家の隣家の方からは「隣の空き家がずーっと放置されていて、庭に草が生えたい放題になっている。 そこにヘビやらタヌキやらが入り込んだりして困ったから、今は私らが草刈したりしているんだ」という声もお聞きしました。

この活動を通して現場の声を聞き、空き家で困っている方々がいる事を知りました。 困っている方々のお手伝いできることはないか?と思い立ったのが、 「AKIGEN」の始まりです。