医療費控除の特例「セルフメディケーション税制」をご存知ですか?市販薬の購入費が医療費控除の対象となる制度です。

セルフメディケーション税制とは?

セルフメディケーション税制とは平成29年1月1日から導入された、医療費控除の特例です。この制度により、市販薬を購入した金額が一定金額を超えると、その超過分が所得から控除される制度です。

セルフメディケーション税制の概要

厚生労働省のサイトに概要がありますが、

平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る一定のスイッチOTC医薬品(※2)の購入の対価を支払った場合において、その年中に支払ったその対価の額の合計額1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額(その金額が8万8千円を超える場合には、8万8千円)について、その年分の総所得金額等から控除する。

ということです。

つまり、年間の対象市販薬購入額が12,000円以上の場合は88,000円を上限としてその差額分を所得控除してもらえる制度です。

年間の市販薬購入費:20,000円の場合8,000円が所得控除されます。
20,000円 – 12,000円 = 8,000円

ただしこの制度を利用するには対象となる必要があります。

セルフメディケーション税制の対象者

健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組」をしている方が対象になります。一定の取り組みとは、具体的には、

特定健康診査
予防接種
定期健康診断
健康診査
がん検診

のいずれかを受けている人が対象です。

また所得税や住民税を納めていることも重要な要件となっています。

医療費控除との違い

医療費控除は「1年間に自己負担した医療費の合計が10万円を超えた場合、その超過分が所得税から控除される」という制度でしたが、ほとんどの場合何か大きな事が無ければ年間10万円を超えることはありませんので、利用しにくい控除でした。一方で、セルフメディケーション税制は市販薬購入を対象とした控除で、世帯の年間市販薬購入額が1万2000円を超えた場合に適用されます。対象となる医薬品はスイッチOTC薬品という医療用から一般用に転用された医薬品のことです。対象となる医薬品にはセルフメディケーションの識別マークがついていますので、良く使う医薬品に付いていないか確認してみてください。

対象となるスイッチOTC薬品はこちらの厚生労働省のサイトからご確認ください。
例)バファリンEX・ロキソニンSプラス・大正胃腸薬S・フェイタスシップなどです。

医療費控除との併用

注意しなければいけないのは、医療費控除とセルフメディケーション税制を同時に利用することが出来ない点です。どちらの控除を使うかは自分で選択します。ただし、医療費控除が受けられない方にとっては、控除が受けやすい制度だと思います。また、妻が医療費控除、夫がセルフメディケーション税制というように世帯内で別々の申告をすることはできます

セルフメディケーション税制の申請方法

「健康への取り組みをしていることを証明する書類」を添付し確定申告を行ってください。「健康への取り組みをしていることを証明する書類」については、以下を参考にしてください。

特定健康診査(メタボ健診) 以下A,B,Cのいずれか一つ
「特定健康診査」または保険者名の記載がある場合
A.領収書(原本)
B.結果通知表(コピー可)
「特定健康診査」または保険者名の記載がない場合
C.証明依頼書
予防接種(インフルエンザ等) 以下A,Bのいずれか一つ
A.領収書(原本)
B.予防接種済証(原本)
会社の定期健康診断 以下A,Bのいずれか一つ
定期健康診断」または勤務先名・保険者名の記載がある場合
A.結果通知表(コピー可)
「定期健康診断」または勤務先名・保険者名の記載がない場合
B.証明依頼書
人間ドックなど、その他の健康診査 以下A,B,Cのいずれか一つ
勤務先名・保険者名の記載がある場合
A.領収書(原本)
B.結果通知表(コピー可)
勤務先名・保険者名の記載がない場合
C.証明依頼書
市町村のがん検診 以下A,Bのいずれか一つ
A.領収書(原本)
B.結果通知表(コピー可)