ほんとうにあったい話。

AKIGEN農場、遂に始動!

ミントを軽い気持ちで植えてはならない

デザートの装飾に使えるしインスタばえするしミント植えておこっ

その「植えておこっ」が取り返しの付かない大惨事を招きます・・・。

ミントの繁殖力は想像以上に桁外れであり、

抜いても抜いてもやつらは生えてきます。

やがてミントたちはニオイを発生しなくなります。

そう。姿形はミントですが中身はニオイもへったくれもない繁殖能力抜群のただの草となります。

見た目はミント。中身は雑草です。

抜いても抜いてもまた全然別のところから生えてくる様はまさに恐怖

ちなみにこれを利用した嫌がらせが俗に言う「ミントテロ」です・・・。

洒落にならんのでイタズラ厳禁ですよ・・・。

ミントの

@akigen

@akigen

ミントは地下茎( 地下にできる茎 )を伸ばして繁殖します。

この地下茎が残っている限り、地上部を引き抜いただけでは何度でも、何度でも生えてきます。

また再生能力も桁違い。植物の一部を土に刺しておくとそこから根が出て再生することがあるとか・・・。

さらに、塀やアスファルトの隙間より侵入し広がろうとします。

宿根草であり、冬でも枯れません。

また、他の品種や他の実生苗と交雑し、細かい雑種の種子をばら撒きます。

この種から生えた雑種は特有の香りは弱い、またはないものの繁殖力は強く、ただの雑草に・・・。

また厄介なのは、他の植物を駆逐する性質があるといわれます。

このように「普通に植えてもダメージが出る」植物であります。

ですので、軽い気持ちで「植えておこっ」はオススメしません。

方法

@akigen

@akigen


まだ少量であるなら、地上部を集めて処分。掘り起こして地下茎も丹念に取り除き駆逐します。

また、地下茎に除草剤を塗布する、ということでも駆逐できます。

状況が悪化している場合、除草剤を土地に大量かつ複数回( 発芽していない種子が残っているため )散布する必要があります。駆逐します。

最悪の場合土地の土をすべて入れ替えるか、コンクリートなどで土を覆い、完全にふさぐ必要があるとされます。

ですので、軽い気持ちで「植えておこっ」はオススメしません。

今日もやつらとの戦いは終わらない・・・。

AKIGEN農場、遂に始動!

AKIGENインスタ
AKIGENTwitter