人の臓器を持つ動物作製を容認

動物の体内で人の臓器を作る研究について、文部科学省の専門委員会は容認する報告書を大筋でまとめました。
来年度にも関連指針を改定、研究を解禁します。

動物の受精卵に、人の人口多能性肝細胞(iPS細胞)などを注入する「動物性集合胚」の作製は現在も認められています。
今回はできた胚を動物の子宮にに移植し、出産させることも容認されたとのことです。

病気の人に移植する臓器を作ったり、治療法開発などのため、人の病気を発症した動物を得たりする目的が考えられます。

今回の報告書案では、科学的な合理性や必要性がある場合にこうした研究を容認できるとしました。