-人の平熱-
人の平熱はだいたい 36.5度±0.5度。
環境の気温が変化すると、この体温を維持しようと体は熱エネルギーを作ったり、外に放出して反応します。これは脳にある体温中枢がコントロールしています。

暑いときには体温が上がらないように熱エネルギーを外に出そうとし、皮膚に流れている毛細血管を拡張して熱を外に出そうとします。

-汗-
最も効率的なのが汗。

汗は体温調節にとって、とても大切です。
夏は皮膚から熱エネルギーが外に出やすいように薄着になり、汗を出すように水分補給をします。コントロールできないと熱中症になります。

逆に寒いときは毛細血管が細くなります。
そうなると、手足が冷たくなります。

寒いときに体が震えるのは筋肉を震えさせて熱エネルギーを作っているからです。

発熱するとき

熱が出ると、子どもの感覚としては「体が変化している」と感じているそうです。
このとき子どもは、なんとなく元気が無かったり、いつもに増してお母さんにべたべたくっついたり、よく泣いたり、顔色が悪かったり、吐いたり、お腹が痛かったり、などの症状が出ます。

発熱の原因

人が風邪を引いた場合、ウイルスを退治しやすくするために発熱します。

また、体温が上昇することで免疫を担当する細胞も活性化されます。と同時に、ウイルスや「最近は体温を数度上昇させるだけで動きを低下させることができます。

ゆえに最近の医療では、熱があるからという理由で体温を下げる治療は行いません。40度近い熱があったとしても脳はやられたりしないそうなのでそこは安心して下さい。

解熱剤は風邪を治す訳ではありません。一時的にですが熱を抑える薬です。熱が上がりすぎて、ぐったりしてしまっているというときにのみ使うのが良さそうです。

熱は様々な原因で出ますが、子どもで最も多いのは感染症です。精神的なことでも出るようです。

熱が出ても慌てない

子どもはよく熱を出します。夕方や夜は特に上がりやすい時間帯です。

しかし慌てないでください。

発熱のみで、すぐに救急外来を受診する必要はなさそうです。

子どもの場合、大人と比べるとすぐに高熱を出してしまいます。大人は38度を超えてくるとぐったりしてきますが、子どもは38.5度程度なら元気なことも多いみたいです。

逆に微熱でぐったりしている場合は注意が必要です。

高熱でけいれんする?

熱性けいれんは熱が急激に上がるときに起こります。

熱が上がりきれば起こりにくくなります。

解熱剤では予防できません。

むしろ、再び急激に熱が上がるときにけいれんを起こす危険性があります。

次のような症状がみられた場合は注意

・生後3ヶ月以内での発熱
・生まれてはじめてのけいれん
・おしっこが出ない
・活気が無い
・元気がなく、ぐったりしている
・水分が取れない
・よく眠れずウトウトしている

以上の症状がみられない場合は緊急性は無いかもしれません。

熱が出たら冷やす?温める?

熱が出たときの対処法として。

お子さんの手と足を触ってみてください。冷たいでしょうか?温かいでしょうか?

冷たい場合はまだ熱が上がっていく途中です。39度でもなお冷たい場合はもう少し熱が上がる可能性があります。

この場合は体、手と足を温めてあげて下さい。解熱剤もまだ控えましょう。
この状態からしばらく時間が経つと手と足も温かくなり体も熱くなってきます。そうすると熱も上がりきっているみて良いので、今度は足の付け根の部分や、脇の下を冷やしてあげてください。

解熱剤を使用される場合は、熱が上がりきったところから使うようにしましょう。

汗がかけなくなると熱が下がらなくなり良くありませんので、水分補給もしっかりして上げてください。

食事

食欲がある場合は、
・のどごしが良い、柔らかくしたうどん。
・野菜沢山煮込みうどん

食欲が無い場合は、
・雑炊系
・果物
・ヨーグルト
・ゼリー 

無理に食事をする必要はありませんので、短期間ならゼリーだけでも大丈夫です。

それすらも難しい場合は、少しずつ水分をとってもらいましょう。

水分は『経口補水液』が良いですが、無ければ水等でも大丈夫です。