ご存知だろうか・・・?

心スポ→旧女鬼トンネル

松阪の呪いの灯篭・・・。

三重県松阪市の国道との交差点に不気味な灯篭がある。
この灯篭にまつわる噂は、歴史背景もリアリティがあり、車通りの多い交差点に不自然に残された姿は異様な光景。

江戸の時代、旅人がこの地で行き倒れとなり、周囲の人達に助けを求めたが、誰にも助けてもらえず息を引取った。今際の際に「触りたくなければ、触らなくてもいい…」と、言った事からこの場所で怪異が頻繁に起き、供養のために灯篭を建立。しかし、呪いは現在でも残り、灯篭に触れたモノに災いをもたらすと伝えられています。

横断歩道の真中、そして車の往来に不自由な位置に建っています。呪いは今でも続いており、動かすと祟られると云われています。

道路拡張のために灯篭の撤去が計画されたが、工事関係者に様々な災いが起こり、死人も出たらしい。そして、この計画は頓挫して灯篭は今も異様な雰囲気を放っている・・・。

行き方は津方面からなら23号で松阪方面へ進み、42号を166号へ。そうすると大黒田町という交差点が出て来るので、そこに存在します。

いえ・・・。
存在していました。

えぇ・・・。

そうです。

2014年に撤去されました\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/呪いはどうした\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

心スポ→旧女鬼トンネル

▼あわせて読みたい
心霊スポット 【必需品】