狂犬病予防

日本には「狂犬病予防法」という法律があります。
年に1回予防注射を受けることが義務付けられています。
ただし、子犬の場合は生後91日以降にうけることとされています。

松阪市では毎年4月に、各地域に会場を設けて集合注射を実施しています。
また、動物病院では、いつでも狂犬病予防注射を受けることが出来ます。

狂犬病予防注射を受けると、注射済票が交付されますので、犬の首輪などにつけておきましょう。

この注射済票が発行できるのは、4月に行われる集合注射会場、市役所、地域復興局等、市内等動物病院です。
市役所、地域復興局等で注射済票の発行を受ける場合は、注射を受けた動物病院の狂犬病予防済証を必ずご持参ください。
注射済票をなくされた場合、市役所、地域復興局等で再発行が可能です。(有料)