相次ぐ自然災害の報道やニュースで度々目にするようになった「義援金」と「支援金」。

この2つの違いとはなんでしょうか?

配られ方が違う

簡単に分けるとこうなります。

被災した方々に直接配る=「義援金」

被災者を支援している方々を支える=「支援金」

それぞれの特徴

義援金の特徴

・被災者に分配される

・公平に分配される

・届くまで時間が掛かる

届くまでに時間が掛かる理由
義援金は、国内で発生した大規模災害に対して寄付されたもの全額を『義援金配分委員会』に送金されます。その後、同委員会で立てられた配分計画に基づいて
被災者の方々に届けられます。なのでタイムラグが発生します。

支援金の特徴

・被災地の救命・復旧に使われる

・支援団体が使い道を決定する

・すぐに被災地に届く

すぐに届く理由
被災地からのニーズに対して、各機関や団体が各自の判断と責任において柔軟に使用できるため、すぐに活用される。

義援金・支援金とは違う?救援金について

救援金とは

救援金は、海外での大規模自然災害や紛争等に際し、赤十字が活動を行うための資金となります。各現地における日本赤十字社や国際赤十字、現地国の赤十字社・赤新月社による十円活動及び復興支援活動等に当てられます。

なので、救援金は赤十字社に寄付するということになります。