管理業務主任者とは、マンション管理業者が管理組合等に対して管理委託契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行う際に必要な国家資格者のことです。

空き家に関する資格

空き家について

要はマンション管理のプロ!

マンションには「管理組合」というマンションを管理するための組織があります。
多くの場合、この管理組合の役員はマンションの住人の中から選ばれるのが一般的ですが、煩雑な業務が多いこともあり、「できるもならやりたくはない」と思われているのが実情です。
そして、やっと役員が決まって、いざ業務に取り掛かろうとしても、予備知識が不足しているために管理業務がうまくいかないケースもあります。

そのため、業務のほとんどを「マンション管理業者」に委託している管理組合も少なくありません。この「マンション管理業者」が円滑に業務をこなせるように音頭をとるのが管理業務主任者です。
また、マンション管理業者側には、管理委託契約を交わしているマンション管理組合の数に応じて一定数の管理業務主任者を設置しなくてはいけないという義務が課せられています。

管理業務主任者の具体的な業務内容

管理業務主任者の具体的な業務としては、委託された管理業務が適切に行われているかをチェックしたり、その報告を管理組合に行うことなどがあります。
その中でも、管理委託契約に関する重要事項の説明と、その関連書類に記名・押印する業務は管理業務主任者にしか許されていません

つまり、管理委託業務は管理業務主任者なしでは始まらないといっても、過言ではないくらい重要な役割をもった資格なのです。

取得費用

受験手数料 8,900円

空き家に関する資格

空き家について